老後のためにやるべきこと

理想的な人生プランを考えてみた

老後の心配を漠然としていてもしょうがない・・・とはずっと思っているんだけれど、
具体的にはどうしたらいいかよく分からない。

近隣にいらっしゃる高齢の奥さんの話を聞くとなんかお先真っ暗な老後が
口をあけて待っている、みたいな不安もあるし、とはいえ今から貯金を
むやみにできるような環境ではないし、ほうっておいていいのかな?

などなど、多分これからの人生時々こういう不安を持ちならでも
漫然とスルーしてしまって、直前になって大後悔!みたいになりそう。

とりあえず生命保険会社に勤めている私の姉の夫、つまり義理の兄などに
聞いてみると「いまからそんなに考えても例えば政権なんかが変わったりすると、
いろんな制度とかが一気に大きく変わったりするんだよ。

まあ、老後を考えることはすごく大切だからいろいろ考えることはいいことだと思うけど、
まずは今の生活の中で無理のない範囲でね」というアドバイス。

養老保険なんか勧めてきたけど、まあそれはちょっと挨拶みたいなものだから(笑)。

かんぽ生命の養老保険

でも年金だけでは心細いからそうしたことも選択肢にあってもいいかもしれないですよね。

ここでとりあえず我が家の理想的な人生プランは、というと5年後は
息子は中学生で私ももう少し仕事ができるようになっているといいなあ。

10年後には息子が大学に進学(理想ですから・・・笑)、パパは働き盛り、
15年後には息子も就職できて家のローンが完済できていれば万々歳。

20年後は一番落ち着いている頃に。
パパの定年も多分65歳位までになっているはず。

そうでなくても 嘱託でも働けるなら働き続けてもらいたいから、貯金もできていて、
子育ても終わっているからあんまり年を取らないうちに海外とかにも行きたいなあ。

ヨーロッパなんていいわね。

スペインにも行ってみたい

65歳くらいには多分年金生活になるんだと思うけど、できるだけシンプルにしながら
日々二人で運動を兼ねつつ色んなところに出かけたり スポーツで老化を少しでも
遅らせたられたら一番いいですね。

そんな感じで息子が結婚したりするのよねー。きっと。

家をリフォームして2世帯住宅とかになったら孫ともあそべないかな。
私多分お嫁さんとも上手くやっていけると思うのよね(笑)。

やっぱり孫とも遊びたい

そんな感じで15年くらい家で生活できたら多分二人とも高齢になって
弱ってきたり病気になったりするかもしれないけれど、そんなに息子たちに
迷惑かけないである日ぽっくり死ねたら一番いいなあ。

そんなに贅沢をするつもりはないのです。
でもあんまり貧相な生活もしたくないのは本音かな。

まだ子どもも手がかかるから自分の収入はないし、多分年金も
国民年金だけだから私の老後収入は本当にすずめの涙なんだろうと思うと、
今から自分名義の貯金もしておかなくちゃね。

「○○奥さん」みたいな雑誌なんかもよく読んでしっかり研究してできるだけ
この理想のライフプランを目指しましょう(笑)。

そう思うとやっぱり一番のカギはやっぱり健康。夫でも私でも
大きな病気になったら本当にこうしたライフプランは根底から崩れてしまいます。

そう思うとやっぱり毎日の食事の支度とかもすごく大事だし、
できるだけ歩いたり階段を上ったりして体力維持につとめなくちゃね。

もっともこれは美容にもいいことだからぜひぜひ今から毎日心がけて習慣にしたいところです。

個人的にはあんまりケチケチ貧乏臭い節約は好きじゃありません。

一ヶ月の食費が1万円とかそういうのも1ヶ月で終わりっているならともかくとして、
この先ずーっと続けるのも大変だしね。

でももともとお金持ちとは縁のない、中流サラリーマン家庭に育っているから、
それほど散財癖はないと思うし、もちろん買い物だって、スーパーのチラシで
特売の素材を組み合わせておいしいものをリーズナブルに作るくらいはまあ、
当たり前のこととして身についていると思います。

無理な我慢とかはしないで自分にあった方法で楽しみながらお金を貯めて、
健康を維持しながら夫婦仲良く年を取れたら本当にいいですねー。

まずは最初の5年でどれだけ予定を超える貯金ができるか。
そう思うと自然とやる気もでるってもんですよ。

Copyright (C) 2014 老後のためにやるべきこと All Rights Reserved