老後のためにやるべきこと

銀行にお金を預けるべきか?

うーん。3年間100万円預けた定期預金の利子のご案内が来ましたけど、
当時金利が0.04%で税引後だと800円ちょっと。

もう、なんなの〜って感じです。

しかもこれってなんかのキャンペーンでちょっと金利がよかったころの預金だから
本当だったら0.025%とかで、時間外で引き出したりなんかしたらもう預けている
意味が殆どないわね。

複利とかのメリットもバブル期のことであれば大きな差があったでしょうけど、
まさしく100分の1。

25年くらい前だったら8万円ってこと!?ウッソー!!ホントありえない。

当時のお金持ちが「利息で食べる」というのもあながち夢物語じゃなかったってことよね。
うらやましい・・・。

いまや銀行にお金を預けるのは単に泥棒よけってこと?

別のところに預ければもっと殖えるって分かっているなら、
そこに預けておきたいとは思います
。とはいえ投資なんてしたことないしねー。

財テクの知識とかないから正直銀行に預けるメリットってどこにあるのかな?
分かりません。

ただ、はっきりしていることは普通預金に限っていえば今のままでは
よっぽどアベノミクスが成功するとか、日銀総裁がトチ狂った判断を
しない限り(笑)、それほど預けてもメリットはない。

アベノミクスについてはここでわかりやすく説明されていました。
老後のためにやるべきこと

だったら時には金利の高いキャンペーン時期などに一度預けなおす・・・
なんてことはやってみる価値があると思います。

学生時代の友人などは色んな金融商品の知識があって優待なんかが
ある株などを買ったりして楽しんでいたりもしますけど、時には大きなマイナスを
出したりして、結局トータル的にはそれほど儲かってはいないといいます。

もちろんリスクを分散させて、銀行に預けるよりは良い結果を出しては
いるそうなのですが、ド素人の私が手を出しては行けない事は間違いなさそう。

そんな彼女が私に教えてくれた方法が、普通預金と定期預金の組み合わせ。

毎月の貯金分のお金は一応銀行にプールしておき、年に二回、
ボーナスシーズンはそれほど宣伝をしていないけれど定期預金の
優待金利のキャンペーンなんかを利用するといいんですって。

ちなみに、預金なら金利が高いのはネット専業銀行。
ジャパンネット銀行とか住信SBIとか楽天銀行とか。

【参考サイト】ネット銀行の金利を比較|Let'sネットバンク
都市銀行、地銀と比べてもやっぱりネット銀行の金利が高いのはよくわかります。

大体50万円以上とかそういう感じであるみたいなので窓口で
聞いてみたりすると案内もしてくれるし、場合によってはローリスクな
金融商品などの相談も乗ってくれるみたい。

定期にした場合は金利の優待は3ヶ月ぐらいの短期になるみたいだから、
それが終わったら何かの時に解約しておいてまた普通預金の中にプール。

また次の時にそれまでの貯まった分と合わせて定期にしてもいいんですって。

彼女曰く「そうやって銀行に足を運んで窓口の人と仲良くなっておくと、
いい情報を教えてくれることもあるよ」
なんだって。

年に1〜2回そうやってお金をうごかして名前と顔を覚えてもらうのは
悪いことじゃないみたい。

なんといっても相手も人間。あんまり無責任に商品の案内はできないし、
損をさせてはいけないという心理も働くから、下手にネットでや
投資信託なんかを購入して損するよりも「半年間で定期預金より
ちょっとだけいい商品」みたいな言い方で聞いてみると、「鉄板商品」の
情報がネットとは違う視点で知ることができるそうです。

ただ、あまり大きなお金は動かさないのがコツなんですって。

せいぜい100万円(ってすごい大きなお金ですけど)くらいで例えば
投資信託などでもまずはマイナスにならない、年間仮に数万、たとえ
1万円でも確実にプラスになるようならば、前述の定期預金に
眠らせているよりはずっとよい、と割り切ることが大切、なんだそうです。

あと、最後は自己責任で、あくまでも銀行の人は情報提供者だってことを
肝に銘じてこういう投資はやらないとダメなんですって。

誰かに頼ったり任せたりすると大概上手くいかなくて後悔することになるんだそうです。

それなら私も出来そう。

「あらかじめ年間の目標を決めておいて、それを超えた分を自分の
お小遣いとかにするとやる気でるわよー」って言われると、
なんかとっても楽しみにもなってきちゃった。

毎年預けたり解約したりを繰り返して少しずつお金を増やせると
いいかもしれませんね。慣れたら彼女みたいに優待株なんかの勉強もしたいわ。

オリエンタルランドとか買ってみたいんだもの。

まあ、まずは堅実に基礎となる貯金をきちんと貯めていきましょう。
最初の50万円は1年くらいかかっちゃうかなあ?

Copyright (C) 2014 老後のためにやるべきこと All Rights Reserved